男女

保育士を目指すなら|大学や専門学校に通う

予備校に通って学ぶ

勉強道具

公務員になるには予備校に通って、採用試験合格に必要な力を身に付けることが大切です。また、面接についての対策も行ってくれるので、万全な状態で臨むことが出来るでしょう。

詳細を読む

保育を学ぶ

本を抱えた男女

保育士の資格が取得できる学校の特徴は、厚生労働省から認められた学校に通えば、試験を受けなくても、卒業すれば資格取得することができます。保育士の学校を選ぶ際には、実際に足を運び、見学や体験授業を受ける工夫が必要となります。それによって、入学してから合わなかった、などの失敗を避けることができるのです。

詳細を読む

資格を取るための方法

先生と子ども

女性が活躍できる社会の到来が問われてますが、それには保育所の増設と保育士の養成が必要です。保育士を目指す前に大切なのが保育士として向いているかどうかの適正です。子どもが好きで面倒をみるのが苦にならないのが第一条件です。保育士になるには養成する大学や専門学校へいけば卒業すれば資格を取れます。

詳細を読む

子供と触れ合う仕事

勉強をする女性

保育士は、仕事などで子供をみることができない保護者に変わって子供を保育する現場で働くための資格です。保育士の資格をとるためには様々な方法があります。厚生労働省指定の養成課程のある大学、短大、専門学校などを卒業すると無試験で資格を得ることができるほか、指定外の学校や通信教育で保育や児童心理などについて学んだ上で保育士の国家試験を受けるという方法や、二年以上の実務経験をつんでから国家試験を受けるという方法もあります。最短で現場にでたいならば、二年制の短大や専門学校を選ぶようにするのがおすすめです。費用的にも最も安くあがります。最低限のことだけでなく、子供の発達全般について幅広く学びたいならば四年制の大学を選ぶとよいでしょう。

保育士になるためには、必ずしも学校に通う必要はありません。通信教育でも可能ですし、パートやアルバイトとして保育の現場で働いてから国家試験を受けるという方法もあります。現在高校生であるならば大学や専門学校、短大などに進学するのが最もおすすめですが、それ以外の場合はこうした方法もあるということを知っておくとよいでしょう。また、少子化が進んでいるため保育士のニーズは少なくなると思うかもしれませんが、現在は共働きの増加と離職者の多さからニーズはむしろ高まっています。そのため、就職に困ることはないでしょう。しかし、その仕事量と責任の多さと給料の低さのアンバランスが社会問題にもなっています。今後は徐々に改善されることが予想されますが、現状については知っておくべきでしょう。