保育士

保育士を目指すなら|大学や専門学校に通う

資格を取るための方法

先生と子ども

適正があるかどうかが大切

女性が活躍する社会の実現が問いかけられていますが、そのためには保育所の増設が必要ですし、保育士の育成も大きな課題です。保育士になるには資格の取れる学校へいくことになりますが、気をつけたいのは適正があるかどうかです。保育士の適正の第一条件は子ども好きで子どもの面倒を見るのが苦にならないことです。また、子どもだけでなく大人とのコミュニケーションを取るのが好きなことです。ピアノなどの楽器が弾けることも条件の中に含まれます。保育士の資格に挑戦する前に適正があるかどうか自分で考えてみることが大事です。保育士になるにはいくつかの方法があるので、自分に合った方法を選ぶことも大切です。高等学校を卒業している人なら、児童福祉施設で2年以上の実務経験があれば資格試験を受けられます。

通信講座で勉強する方法

確実に保育士になるなら、高等学校を卒業して保育士養成の大学や短大や専門学校へ進学することです。卒業すれば自動的に保育士の資格が与えられます。一般の大学や短大を出た場合は保育士試験を受けることになります。専門の学校へ通わなくても自分で勉強して試験に合格すれば資格が取れます。そのような人におすすめなのが通信講座です。色々な講座がありますから、資料を取り寄せて比較検討することが大事です。講座を選ぶときのチェックポイントは、講座やカリキュラムの特徴をよく比較することです。内容がわからない場合は保育士の知り合いなどに尋ねた方がよいです。通信講座は添削してもらうのが重要なので、その回数や添削があるかどうかなども選ぶときの基準にします。